腰痛をすると身体の真ん中。柱が壊れそうな家のイメージです。健康には腰痛はしないことが絶対条件です。

健康な毎日を送るために腰痛を治そう

腰痛は健康の主軸ではないでしょうか

腰痛持ちの上司がいます。彼はよく会社を休んだり通院のために遅刻したりすることがよくあります。ゴルフをしたら腰痛で、だとか寒くなってきたから腰痛がとか。健康の要でもある腰。腰を痛めると支える柱が弱っている家と同じ状況になります。するといくら他の内蔵やらなにやら全てが健康な人であっても動くということになると途端になにもできなくなってしまいます。そういうわたしも腰痛持ちです。冬になるとスノーボードをたしなみますがこれは腰痛持ちには非常に良くないスポーツであることに間違いありません。おそらく昔していたテニスによる鍛錬が大人になってなくなっていき、筋力が衰えてしまったことにより腰が痛くなるようになったのです。

痛むと必ずと言って良いほど整形外科に行きすぐに注射を打ってもらいます。そうでないと車の運転すらままならない状態なんです。ハンドルを切ると痛むしひどい時は椅子に腰をかけただけで痛みます。事務仕事なんてもってのほかです。わたしの仕事はPCを叩きながら片手に電話、という体制が日常なので腰には大きく負担となります。その負担をかけながら仕事をしているために時々腰がすごく痛み出します。健康には気をつけていますが食事でどうにかなるものでもありません。これはひたすら筋力を保持することが必須なんだと思います。何かの拍子に腰が痛む、いわゆるぎっくり腰にならないように日頃から太りすぎない、適度な運動を心がけることで身体の主軸である腰を傷めない努力をしていかなければならないとそう思います。

おすすめ情報