結婚してからぎっくり腰になりました。腰痛になったことがなかったので、健康に気を付けようと思いました。

健康な毎日を送るために腰痛を治そう

腰痛になって初めて健康に気を付けようと思った

わたしは結婚して1年もたたない時にぎっくり腰になりました。それまで腰痛になったこともぎっくり腰になったこともなかったのでびっくりしました。整骨院の先生が言うには、健康の3原則がなっていないからぎっくり腰になったのではないかと言われました。その3原則とは、適度な睡眠、適度な運動、栄養ある食事でした。わたしは独身の時は一人暮らしでハードな仕事をしていたので、外食が多く、栄養が偏っていたと思いますが、結婚してからはしっかりごはんを作って食べていたのでそれは大丈夫だと思いました。夜も十分な睡眠を取っているのでそれも大丈夫だと思いました。では何がいけなかったかというと運動です。

というのも、わたしは独身時代とても痩せていました。外食ばかりで栄養が偏っていたからというのもあると思います。しかし当時は運動をしていませんでした。運動が嫌いだったからです。でも、痩せていました。しかし、結婚してから食欲が旺盛になり、体重が1年もたたないうちに10キロも増えてしまいました。整骨院の先生に言わせると、腰に筋肉がないのに腰に贅肉がついたために、腰の筋肉が体重を支えられなくなってぎっくり腰になったのだろうということでした。たしかにその通りだと思いました。整骨院の先生に言われたのは、毎日健康のために2時間ウォーキングをすることでした。わたしは2時間どころか1時間さえもウォーキングをしたことがないのでそれは無理だと思いましたが、健康になりたかったので、毎日1時間以上ウォーキングをするようになりました。

すると、腰と足に筋肉がついてきたようで、最初は筋肉痛になっていましたが、だんだん体がスリムになり、体重もいい感じに落ちていきました。やはり腰痛は健康管理ができていない時になるものなのだと思いました。

おすすめ情報