腰痛から椎間板ヘルニアを体験した私は健康の大切さを改めて感じ、日頃から予防に努めるようにしています。

健康な毎日を送るために腰痛を治そう

腰痛予防をしつつ励む健康な体作り

人類は進化する中、四足走行を始めたことで腰痛が起きたのだと考えられています。つまり私達にとって腰痛は切っては切れない関係にあると言えるのです。しかしながら打つ手がないと諦めてしまうことはありません。予防次第で腰痛は防ぐことが可能だからです。

かつて私もひどい腰痛で悩んでいました。単なる腰痛で留まらず、椎間板ヘルニアを患い手術も経験したのです。そうしたことを経験してきた私だからこそ、健康の大切さを実感していますし、腰痛が再発しないよう日々努めているのです。

私が心がけているのは日頃から腹筋と背筋を鍛える方法です。先ず朝目が覚めたらすぐに起きず、ゆっくりと布団の中でストレッチをします。その後腹筋と背筋体操へと移行します。と言っても決して難しいものでもハードなものでもありません。例えば腹筋体操にしても、腰に負担がかからないよう膝を曲げてゆっくり体を起こすことを二十回ほど繰り返すだけなんです。大切なことはこれらを継続して行うことです。そうして夜寝る前にも再び同じ体操をします。また日頃から極端に重いものを持つことは出来るだけ避けるようにしています。どうしても持たなくてはならない場合は、しっかりと腰を下ろしてから持ち上げるようにします。たったこれだけのことですが、ヘルニアが再発することもなく又腰痛に苦しむことはなくなりました。日常生活においてしっかりと筋力をつけ予防を心がけることが腰痛を遠ざける方法なのです。

おすすめ情報